Search


Archives

2017年05月05日

安倍首相は映画「この世界の片隅に」のすずさんの気持ちを嘲笑っている

 作家・作詞家 なかにし 礼 さんの言葉から

 首相が、
 2020年に改正した憲法を施行したいと
 明言したと聞き、驚きました。

 首相は憲法を尊重し擁護する義務を負っているのに、
 改正の期限を切るなどというのは、
 大問題ですよ。

 9条を含めて改正しようというのは、
 もってのほかです。

 この憲法の理念と理想は
 世界の人々にも感動を与えることができる。

 最初は理解されないかも知れない。
 でも、説得して、少しずつでも
 世界に広めていくことです。

The idea and ideal of the Constitution of Japan can give people in the world impression.


 映画「この世界の片隅に」で、すずさんが玉音放送を聞いたあと、自分が国に騙されていたと気づき激高します。

 この、国が国民を騙して戦争に駆り出したということの反省から、日本国憲法および第9条が作られました。言わば9条は、国が国民に対して謝罪し、懺悔した証でもあるのです。

 にもかかわらず、太平洋戦争を企画した人間の孫(=安倍晋三)が、日本国憲法を「恥ずかしい憲法」と呼ぶ暴言を吐き、9条の改変と日本国憲法の改悪を実行しようとしています。(まったく歴史から何も学んでいない人です)

 これは、すずさんのように、戦争を懸命に生きた人々の生きざまを、嘲笑っているに等しい行為です。


映画「この世界の片隅に」を観ると日本国憲法9条が神っていると思える
「ア保・守」やってるAKB
洗脳政治からの脱出(神道ゾンビに食われないために)
安倍首相は(神道ゾンビ=日本会議)の操り人形にすぎない
安倍政権は【神道ゾンビ】化したバイオハザード状態
【教育勅語の本質】:国が自己犠牲を強いるのが戦争
(教育勅語=お国のために死ね)は自由な社会では成り立たない



 

   

 

 ★組織、労働、仕事に疑問を持ったとき
 ★脳力を磨きたいとき
 ★筋を通したいとき
 ★スタートレック語録

■情報を集める
 □連想検索 Webcat Plus
 □IMAGIN Book Search
 □ブクログ

■design
 □Information is beautiful

■安全/危機管理
 □デジタル感染症調査(HealthMap)
 □メルクマニュアル医学百科
 □お薬110番
 □aguse:Webサイト安全確認
 □警視庁
 □国民生活センター
 □防災科学研究所(地震情報)

■情報
 □特許電子図書館
 □政府統計の総合窓口
 □図書館リンク集
 □日経産業消費研究所
 □国立国会図書館
 □住まいの水先案内人
 □Alexa サイト使用頻度調査
 □青空文庫

 □各国・地域情勢(外務省)