Search


Archives

2019年02月15日

人に従うのではない

 徳永 哲 著 「闘うナイチンゲール」貧困・疫病・因襲的社会の中で から

 人に従うものは
 権力に追従したり
 派閥をつくったりして
 自由を失うのである。


2019年02月14日

看護には高い知性や科学的な知識が必要

 徳永 哲 著 「闘うナイチンゲール」貧困・疫病・因襲的社会の中で から

 看護は女性の感性を生かす最適な仕事であった。
 そして、そうした看護をするには、
 病人の精神的支えとなり、
 身体の健康を守ってやれるだけの
 高い知性や科学的な知識も必要であった。


2019年02月13日

神が看護師に求めている生き方

 徳永 哲 著 「闘うナイチンゲール」貧困・疫病・因襲的社会の中で から

 外的環境の改善をすることによって、
 患者を健康な生活の回復へと導いていく、
 それこそがまさに
 神が看護師に求めている生き方である、
 とナイチンゲールは確信していたのである。


2019年02月12日

いかなる人も切り捨てられてはならない

 徳永 哲 著 「闘うナイチンゲール」貧困・疫病・因襲的社会の中で から

 ナイチンゲールにとって、
 いかなる人も、
 たとえ社会で必要のない人であっても、
 切り捨てられてはならなかった。

 何故なら、
 どんな人であっても、
 その身体は聖なる心の<器>として
 神から授かった大切なものであるからである。


2019年02月11日

正義への導き

 徳永 哲 著 「闘うナイチンゲール」貧困・疫病・因襲的社会の中で から

 人間は自らの過ちに苦しむが、
 それは神の怒りのせいではなく、

 私たちが神と名づける「善と知の霊」が、
 私たち自らの行いを通して、
 私たちの幸福である正義へと導いているからなのです。


2019年02月10日

卑近な信仰

 B・ラッセル 著 「幸福論」から

 私にとっては虚偽の信仰としか
 思われぬものの上に
 いかなる幸福にせよ
 これをきずきあげることを、
 私はすすめるわけにいはいかない


2019年02月09日

言葉の道しるべ 269:人生に単純な答えはない


【MP3】言葉の道しるべ Voice
【YouTube】言葉の道しるべ 269:人生に単純な答えはない


2019年02月08日

一つの主義主張に偏る理由

 B・ラッセル 著 「幸福論」から

 一つの主義主張を信じることは、
 対多数の人々にとっては、
 幸福の源泉である。


2019年02月07日

介護に絶対欠かせないもの

 徳永 哲 著 「闘うナイチンゲール」貧困・疫病・因襲的社会の中で から

 介護に絶対欠かせないものとして
 「仕事における三重の関心」すなわち、

 ★症例への「知的関心」、
 ★患者への「心のこもった関心」、
 ★介護や治療への「技術的関心」

 をあげている。