Search


Archives

2020年03月31日

ユーモアとは

木原善彦 著 「アイロニーはなぜ伝わるか?」から

 ユーモアとは、
 こうして解釈の規範をずらすこと、
 コードを変換する行為


2020年03月30日

アイロニーは特異な存在

木原善彦 著 「アイロニーはなぜ伝わるか?」から

 アイロニーは特異な存在です。

 なぜなら、
 それは、明らかに<現実>には
 マッチしない情報であるにもかかわらず、
 捨て去られることのない情報だからです。


2020年03月29日

矛盾の集まりが意味を持つ

陸秋槎 著 「色のない緑」から

 矛盾したものが
 ひとつひとつ集まって作られたその時代は、
 ちゃんと意味を持っていて、
 燦然(さんぜん)と輝いてたってぐらいに言ってもいい


2020年03月28日

矛盾したものが引き裂く

陸秋槎 著 「色のない緑」から

 その時代は、
 相容れない目標や立場が大量に存在していて、
 そうやって矛盾しあうものが
 同時代のひとりひとりを引きさいていたの。


2020年03月27日

勝利の分析が重要

 サフィ・バーコール 著 「LOON SHOTS クレイジーを最高のイノベーションにする」

 勝利を批判的に分析することが、
 敗北の分析と同じくらい重要だ。

 勝利の分析を怠ると、
 よくないプロセスや戦略が強化されかねない。


2020年03月26日

イノベーションの弱点

 サフィ・バーコール 著 「LOON SHOTS クレイジーを最高のイノベーションにする」

 弱点となりやすいのは
 アイデアの供給ではなく、
 現場への適用であり、
 その弱点の根源にあるのは
 人や文化ではなく
 構造「デザインやシステム」なのだ。

2020年03月25日

組織をリードする際の二つの方法

 サフィ・バーコール 著 「LOON SHOTS クレイジーを最高のイノベーションにする」

 モーゼの罠から逃れるためのカギは、
 組織をリードする際に二つの方法があるということだ。

 私はそれを
 「システムマインドセット」と
 「結果重視マインドセット」
 と呼ぶ。