Search


Archives

2015年09月27日

小林一三の夢を打ち砕いて貧乏臭い日本にしたのは自民党である

 「NHK放送90年ドラマ 経世済民の男 小林一三」から

 (一等国になるためには)
 努力はね、絶対に報われなきゃなりません!

 報われる社会であることが、
 必要なんじゃないですかね。

 報われると、嬉しいでしょ?
 立場が変わったら、今度は報いようとする。

 そういう循環を持つ社会は、
 頼もしいことになると思うんです。

 ・・・・・

 皆さん!
 きっと遠くない未来、
 この国は、頼りがいのある国に成ります。

 この国で働くことが誇りであり、
 得であり、
 物心両面に報いられることが、
 もっとも多い国になると思います。

 皆さんなら必ずできる。
 そう、期待しています。

It is rewarded for the best country by efforts.


 小林一三は阪急東宝グループの創始者です。

 阪急電車は昭和初期に、梅田-三宮間を40分で結びました。現在は34分です。当時は電車のモーターの性能が今よりずっと悪かっただろうし、軽量なアルミ合金なんてなかった時代に、現在とたった6分しか違わない時間で電車を走らせていたのです!

 彼は「男のおばさん」と呼ばれましたが、それは、常に顧客の目線で経営を考えていたからなのです。

 しかし歳月を経て、自民党が非正規雇用を増やし、格差を拡大させ、その結果、ワーキングプワーという働いても低賃金のために生活できない人たちを生み出して行ったのでした。

 そして、戦争法案を作り、経団連とけったくしこれから兵器産業も伸ばそうとしています。またその裏で、派遣法を改正して、企業がいつまでも派遣社員による業務を続けられるようにしてしまいました。さらに、残業費を0にする法案も控えています。

 自民党は日本を鉄トラ(鉄のトライアングル=政界、財界、官界)だけが甘い汁を吸う、貧乏くさい三等国にしてしまったのでした。

 一三は草葉の陰で嘆いているのではないでしょうか?


日本民主主義幼年期の終わり



 

 

   

 

 ★組織、労働、仕事に疑問を持ったとき
 ★脳力を磨きたいとき
 ★筋を通したいとき
 ★スタートレック語録

■情報を集める
 □連想検索 Webcat Plus
 □IMAGIN Book Search
 □ブクログ

■design
 □Information is beautiful

■安全/危機管理
 □デジタル感染症調査(HealthMap)
 □メルクマニュアル医学百科
 □お薬110番
 □aguse:Webサイト安全確認
 □警視庁
 □国民生活センター
 □防災科学研究所(地震情報)

■情報
 □特許電子図書館
 □政府統計の総合窓口
 □図書館リンク集
 □日経産業消費研究所
 □国立国会図書館
 □住まいの水先案内人
 □Alexa サイト使用頻度調査
 □青空文庫

 □各国・地域情勢(外務省)