Search


Archives

2008年10月23日

「私のしごと館」:581億円の廃屋を活用する方法

 今年中に廃止が決まっている、関西文化学術研究都市内にある「私のしごと館」。

 経済状況悪化で失業者が増えるというのに、雇用保険から出資したこの建物の建設費581億円は、政府により箱物という名のドブに捨てられました。581億円といえば、1兆円の約6%ですよ!

 そして、廃止後この建物は施錠され荒れ果てるままに放置されるのでしょうか。この経済危機の中、こんな場所にある、こんなドデカイ建物なんか誰も買わないでしょうしね。

 それなら、・・・

 「グリッド・コンピュータ・センター」にして、計算機パワーを有料で貸し出し、損失したお金を返済できないでしょうか?

 グリッド・コンピュータとは、複数のパソコンを連結して一つのスーパー・コンピュータとして動作させる技術です。具体的には次のようにします。

●仕事体験ゾーン意外の展示物は撤去し、パソコン数十万台収容できるラックを作る
●市民からいらなくなった古いパソコンを寄付してもらう。あるいはリサイクルセンターから安く買い取る
●パソコンをLANで連結し、グリッド・コンピュータ用ソフトを動かす
●グリッド・コンピュータになったシステムの計算パワーを、企業や研究所に有料で貸し出す

 これなら、へんぴな場所でもOKだし、コンパニオンなんかいらないし人件費も節約できます! 長く運営すると、長期になりますが出資金の返済も可能だし、今の規模の仕事体験なら続けられます。

disrupt the Dark Side:日本おバカ遺産 「私のしごと館」


 

   

 

 ★組織、労働、仕事に疑問を持ったとき
 ★脳力を磨きたいとき
 ★筋を通したいとき
 ★スタートレック語録

■情報を集める
 □連想検索 Webcat Plus
 □IMAGIN Book Search
 □ブクログ

■安全/危機管理
 □デジタル感染症調査(HealthMap)
 □メルクマニュアル医学百科
 □お薬110番
 □aguse:Webサイト安全確認
 □警視庁
 □国民生活センター
 □防災科学研究所(地震情報)

■情報
 □特許電子図書館
 □政府統計の総合窓口
 □図書館リンク集
 □日経産業消費研究所
 □国立国会図書館
 □住まいの水先案内人
 □Alexa サイト使用頻度調査
 □青空文庫

 □各国・地域情勢(外務省)