Search


Archives

2008年07月28日

人を目標・価値観にのせるには

 高橋克徳+河合太介+永田稔+渡部幹 著 「不機嫌な職場」から

 自己最適化しやすい人間が、
 自分のことを後回しにしてでも、
 その目標・価値観に「のってくる」ためには、
 相当な努力や工夫をしなければならない。

 最近の会社ではe-ラーニングと称して、日々、どんどこどんどことe-ラーニング履修依頼がやって来ます。忙しい時間を割いて見ているのに、Flashで作ったチンタラちんたらした画面を毎回見せられます。

 「要点をはよう言わんかイ! 仕事は結論から先に言うって、習わんかったんかいナ」

 と、画面に突っ込みを入れたくなりますが、これって誰にとっても役立っていないことは事実ですね。すなわち、

 ・意欲のある人:要点だけ知りたいが、見ている途中で白けてしまう
 ・意欲のない人:同僚から回って来た答えの番号メモの通り打つだけ

というのが実態です。

 結論として、意欲の無い人には「e-ラーニング」は不向きで、集合研修を受けさせるべきなのです。しかし、どうしても「e-ラーニング」だけで済ませたいのならば、

●学習内容はくどくどせず、深さを確保する
●「これを学ぶ→こんな事をした→こんな成果 or 評価があった」を皆で共有できる仕組みを作る

など、沢山の工夫と労力が必要となります。ひょっとして、集合研修よりコストが掛かるかもしてません。


 

   

 

 ★組織、労働、仕事に疑問を持ったとき
 ★脳力を磨きたいとき
 ★筋を通したいとき
 ★スタートレック語録

■情報を集める
 □連想検索 Webcat Plus
 □IMAGIN Book Search
 □ブクログ

■安全/危機管理
 □デジタル感染症調査(HealthMap)
 □メルクマニュアル医学百科
 □お薬110番
 □aguse:Webサイト安全確認
 □警視庁
 □国民生活センター
 □防災科学研究所(地震情報)

■情報
 □特許電子図書館
 □政府統計の総合窓口
 □図書館リンク集
 □日経産業消費研究所
 □国立国会図書館
 □住まいの水先案内人
 □Alexa サイト使用頻度調査
 □青空文庫

 □各国・地域情勢(外務省)