Search


Archives

2018年06月10日

日本国憲法草案には夢が込められた

 ベアテ・シロタ・ゴードン 著 「1945年のクリスマス」-日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝- から

 彼らは、
 アメリカで果たせなかった改革の夢を、
 焼け野原の日本で実現させたいという
 情熱を持っていた。

 軍服を着た法律家や教授たちは、
 物腰もソフトで、どこまでも紳士だった。

 のちに憲法草案に携わるのは、
 その内の25人だが、
 その中に女性は私も含めて6人いた。

The Constitution of Japan is not "the shameful constitution" which Prime Minister foolish Abe says.


 一般市民のブレーンが、理想社会の夢を日本国憲法草案に込めた。愚かな安倍首相の言うような、「恥ずかしい憲法」なんかではない。

 かつての支配者層の孫だから、「恥ずかし」とののしって、国民を公然と騙している。愚かな人間は、世代を重ねても愚かなのか。



 

   

 

 ★組織、労働、仕事に疑問を持ったとき
 ★脳力を磨きたいとき
 ★筋を通したいとき
 ★スタートレック語録

■情報を集める
 □連想検索 Webcat Plus
 □IMAGIN Book Search
 □ブクログ

■design
 □Information is beautiful

■安全/危機管理
 □デジタル感染症調査(HealthMap)
 □メルクマニュアル医学百科
 □お薬110番
 □aguse:Webサイト安全確認
 □警視庁
 □国民生活センター
 □防災科学研究所(地震情報)

■情報
 □特許電子図書館
 □政府統計の総合窓口
 □図書館リンク集
 □日経産業消費研究所
 □国立国会図書館
 □住まいの水先案内人
 □Alexa サイト使用頻度調査
 □青空文庫

 □各国・地域情勢(外務省)