Search


Archives

2016年11月03日

明治への復古主義に抗(あらが)うべき時

 樋口陽一、小林節 著 「憲法改正の真実」から

 安定した社会の基礎を
 新自由主義によって自民党が破壊し、

 その被害者である国民の心にあいた穴を
 偽装の「復古」主義で埋めようとしていると、
 分析しました。

 美しい国土、
 家族、伝統、和
 といった復古的なスローガンが、
 偽の癒しとして機能している。

Reactionism is camouflaged to healing.


 11月1日、ジャーナリストの桜井よしこ氏らが役員をしている「明治の日推進協議会」が、11月3日を「明治の日」にしようと、国会内で集会を開きました。

 この人たちは、心が化石になっているのですね!

 明治の女傑「広岡浅子」は、
  『
   今日は昨日より、
   明日は今日より
   進歩したものでなければなりません。
  』
 と言って、未来に生きる日本人にエールを送っています。今の時代、明治への復古主義なんか唱えてる場合ですか?


日本人はもっと過去に抗うことが必要
日一日と進む
平成には維新の覚悟があるのか
安倍さんは逆回転がお好き
みじめに遅れている橋下氏(おおさか維新)



 

   

 

 ★組織、労働、仕事に疑問を持ったとき
 ★脳力を磨きたいとき
 ★筋を通したいとき
 ★スタートレック語録

■情報を集める
 □連想検索 Webcat Plus
 □IMAGIN Book Search
 □ブクログ

■design
 □Information is beautiful

■安全/危機管理
 □デジタル感染症調査(HealthMap)
 □メルクマニュアル医学百科
 □お薬110番
 □aguse:Webサイト安全確認
 □警視庁
 □国民生活センター
 □防災科学研究所(地震情報)

■情報
 □特許電子図書館
 □政府統計の総合窓口
 □図書館リンク集
 □日経産業消費研究所
 □国立国会図書館
 □住まいの水先案内人
 □Alexa サイト使用頻度調査
 □青空文庫

 □各国・地域情勢(外務省)