Search


Archives

2009年02月10日

Net Bookの文脈

 松岡正剛 著 「知の編集術」から

 何かが順番におこっていれば、
 そこにはたいてい文脈があるといっていい。

 経済危機 → Net Bookパソコンの急伸 → インターネット利用時間の増加 → 新しい使い方

 例えば、NetBookでSNSを通じて

●「教えて欲しい」、「教えます」のミニ講義斡旋
●「貸します」、「借ります」の情報交換
●「手仕事やります」、「手仕事して欲しい」、小仕事依頼請負取引

 など、ミニ取引による新たな経済活動が活発に成るかもしれません。

 しかし、厚生労働省の薬のネット販売規制は、
 「時代の文脈が読めない」 → 「空気読めぬ」
官僚の仕事らしいですね。

 「漢字の読めない首相」
 「時代の読めない官僚」
は、すっかりこの国の風物詩となりました。めでたし、めでたし。


 

   

 

 ★組織、労働、仕事に疑問を持ったとき
 ★脳力を磨きたいとき
 ★筋を通したいとき
 ★スタートレック語録

■情報を集める
 □連想検索 Webcat Plus
 □IMAGIN Book Search
 □ブクログ

■安全/危機管理
 □デジタル感染症調査(HealthMap)
 □メルクマニュアル医学百科
 □お薬110番
 □aguse:Webサイト安全確認
 □警視庁
 □国民生活センター
 □防災科学研究所(地震情報)

■情報
 □特許電子図書館
 □政府統計の総合窓口
 □図書館リンク集
 □日経産業消費研究所
 □国立国会図書館
 □住まいの水先案内人
 □Alexa サイト使用頻度調査
 □青空文庫

 □各国・地域情勢(外務省)