Search


Archives

2007年01月02日

イノベーションを育てる場所

 早川書房 トム・ケリー&ジョナサン・リットマン著「イノベーションの達人!」から

 イノベーションは育って大きくなるための場所を必要とする。

 ・チームのメンバーが出会える場所
 ・気づいたことを話し合える場所
 ・プロトタイプを徹底的に検討できる場所
 ・仕事を発表できる場所

が必要だ。

 4人にひとりが非正社員という現実。なのに、イノベーション国家を目指せという政府。砂塵の上に築くバビロン計画を真剣に進める官僚。企業に「国旗を揚げ国歌を斉唱せよ」とセンスのない要求をする経団連会長。この国と企業は狂っていますね!!

 だから、企業に依存しないフューチャー・ラボを作って、イノベーションを育ててはどうでしょう。これは「Second Life」のような自己逃避ツールではなく、現実の世界をアシストするコラボレーション・ツールをイメージしたものです。

 すなわち、トム・ケリーが提唱するような「イノベーション・ラボ」をIT上で実現するということです。


 

   

 

 ★組織、労働、仕事に疑問を持ったとき
 ★脳力を磨きたいとき
 ★筋を通したいとき
 ★スタートレック語録

■情報を集める
 □連想検索 Webcat Plus
 □IMAGIN Book Search
 □ブクログ

■安全/危機管理
 □デジタル感染症調査(HealthMap)
 □メルクマニュアル医学百科
 □お薬110番
 □aguse:Webサイト安全確認
 □警視庁
 □国民生活センター
 □防災科学研究所(地震情報)

■情報
 □特許電子図書館
 □政府統計の総合窓口
 □図書館リンク集
 □日経産業消費研究所
 □国立国会図書館
 □住まいの水先案内人
 □Alexa サイト使用頻度調査
 □青空文庫

 □各国・地域情勢(外務省)